2014年1月24日金曜日

東京都知事選の争点は「原発」。これは歴史的必然!

いよいよ、告示日を迎え、選挙戦の火蓋(ひぶた)が切られた東京都知事選。細川元首相の立候補に全国から注目ががぜん集まる中、マスコミの最近の論評には相変わらず、さえないものが多い。

その中心が「知事選の争点に原発はならない」というものだ。


原発の存続を考えるのは、国政レベルの話であって、メインに取り上げるのはおかしい、というもの。


また、「原発ゼロ」をワンイッシュー的にとらえての、選挙は福祉や、教育など直接、都民の生活と関係深い、都政では、ありえない、とする論評も多い。


しかし!だ。


今回の都知事選は、日本の戦後史の中で、まさにエポックメーキング的にものとすでになっている。


住民の生活に、次の知事の方針が大きく影響することは理解できる。


が、今回の都知事選で「原発」がテーマになることは、歴史的必然なのだ。


前回の総選挙などでは、民主党のあまりの醜態化に嫌気をさした国民が、選挙の選択枠をなくしたが故の自民党の圧勝となった。


それが証拠に自民党の比例区の前回(2012年)の得票率は
27.6%と2009年に、民主党に大敗した際の
得票率26.7%ほぼ変わらなかった


ちなみに前回の参院選でも自民党の得票率は35%。もとは42%もあったが、参院でも確実に支持を落としている。


けして、国民全体が自民党を強く支持しているわけではないのだ。



それがゆえに、今回の都知事選は次の総選挙まで待つことが許せない国民がおのずと注目する結果となった。


いわば、歴史的大きな流れに都知事選が飲み込まれた形だ。


すべては「原発」から始まる。


何度も3・11以降、私たちは訴えてきた。

「原発をとめなければ、日本は変わらない」


「原発」はたんに電気をつくるだけのプラントではない。


日本の戦後体制を築いてきた、大きな礎(いしずえ)だった。


現在の政官財に、人、物、そして金を供給してきた、まさにエネルギーの源だった。


それを壊すことが、くしくも安倍首相のいう、「戦後レジームからの脱却」と、本来ならばいえるはずなのだが・・・。


”歴史の神様”は、この流れから、私たち日本人が目を離すことを許さなかった。


いま一度、東京都知事選での「選択」を私たちに投げかけてきた。


ここを越えなければ、日本人は次のステップに踏み出すことができない。


個人的には強く支持するが、「原発ゼロ」が決まったわけではない。


もちろん、「原発再稼動」の選択もある。しかし、そこには、こうした背景を知っての結果であり、私たち日本人が選択したという事実が残る。


つまり、よい悪いは別に、意志表示したことが、歴史に刻まれ、歴史の裁定がしっかり下される


余談になるが、今回の細川元首相の立候補は、民主党ではない、新たな「野党」誕生につながるかもしれない(期待!)。


こうしたことを考えると、日本人の「年寄り」もまだまだ、捨てたものではない(失礼!)。



2 件のコメント:

  1. (津波や原発事故を事前警告できた者による政策提案!)
       http://nisimiyu.web.fc2.com/index.htm
    本物の科学の力で健康寿命を延ばす都政を!
     スポーツ観戦を楽しむような攻撃本能が震災犠牲者を増やしました。相手を負かす遊びのためだけに肉や魚を多く食べるスポーツ競技は、野蛮です。再生医療など寿命を延ばしたり、宇宙の謎を解明できる先端科学をこそ、税金で進めてください!身近な震災を予知する努力すらできなかった詐欺学者ではなく、長年アカハラを受けて何度も公益通報や震災事前警告をしていた私にこそ、自由に夢のある研究をさせて下さい。

    返信削除
  2. 年金デタラメ 原発事件の責任は曖昧 そんな国が選挙だけは公明正大と謂われて信じるのもあんた..ケツの毛抜かれる カモナ。。

    返信削除