2013年11月9日土曜日

君は逃げる準備ができたか?いよいよ始まる核燃料の取り出し。

このブログでも何度にもわたって、警告してきた福島原発4号機の使用済み核燃料の取り出し作業が今月中旬にも始まることになった。


東電の小野明第1原発所長は「事故が発生する可能性はほとんどないと信じる」と自信をみせるが、なぜか空元気だけにしかみえない。
当たり前だ。事故で破損した不安定な原発でのこんな危険な作業は人類史上初めての試みだからだ。日本人のほとんどは、まだ、その危険性に気づいていないが、まさにロシアンルーレットと同じで、一歩間違えれば、日本人、いや全人類の生命を脅かす可能性がある作業だからだ。


とても、素面(しらふ)では、日常を過ごすことは、私ならばできない。アベノミクスで「我が世の春」と浮かれている東京の人たちは、本当に正気でいれるのだろうか?


もし、使用済み核燃料が、一本でも、落下するようなことになれば、今度は東京を含む関東一円にも影響がでることはお知りだろうか?


作業が始まると同時に、避難する準備をしてもしかるべき事態なのは、ご存知ではないのだろか?


日本のマスメディアは、その危険性にあまり触れようとしていないが、世界のメディアや専門家は、本当に固唾をのんで、作業の推移をみつめている。


アメリカのモニツエネルギー長官は、わざわざ作業前の福島第一原発の現場まで訪れ、東電の担当者らから作業などについて、事情聴取し、詳細な指導を行ったとされる。





会見で、モニツ長官は「東京電力や日本政府にとり、廃炉に向けた重要な節目になる」と、平静を装ったコメントを示したものの、本心では心配でしようがないのだ。


もう一度、危険性をお分かりでない人のために説明を付け加えておく。


東日本大震災で、福島原発の1~3号機でメルトダウンを起こした。4号機はメルトダウンしなかったが、水素爆発で建屋がぶっ飛び、その上部にある燃料プールに、1533体もの使用済みの核燃料(燃料棒)が残された。


建屋が倒壊する恐れがあり、その取り出しは急務で、今回の作業となるのだが、プールの上に急造されたクレーンで燃料棒を取り出し、約50メートルの距離にある共用プールに移すという工程には、いくつもの危険が待ち受けている。


作業には熟練の技術が必要な上、燃料棒を数十体ずつキャスクという金属容器に詰める作業はすべて水中での操作。燃料棒を少しでも水から露出させたら、作業員は深刻な被曝を強いられる。水中で落下させても、同じく汚染は深刻なものとなり、作業員全員が退避しなければならない。


さらに無事にキャスクに詰め、専用トレーラーに載せて共用プールまで移動に成功させたとしても、次はまったく逆の工程で、燃料棒をプールに収めなければならない。しかもこんな作業を4号機だけでも2014年末まで、約1年間も延々と続けなければならないのだ。


もし、作業中に地震などで、キャスクが地上に落下するようなことにでもなれば、中の燃料が露出し、大量の放射性物質が放出され、作業員はもう近づけなくなる。ご存知ないかも知れないが、むき出しになった燃料は、「人間が近づけば即死」というすさまじい放射線量だ。


そして、崩壊熱を帯びた燃料棒は、溶融するハメとなり、燃料棒の回収はまったく困難になってしまう。


では、こうなると、どうなるか・・・


1533体もの燃料がむき出しになった場合、放出される放射性物質はチェルノブイリ事故の約10倍ともいわれる。「東日本に人が住めなくなる」といわれる最悪の事態だ。もちろん東京にも人は住めない。


では、「こんな危険な作業をやらなければいいではないか?」という声もあるかもしれないが、そうはいかない。


4号機は3・11の地震で、建て屋自体がすでに、がたがたで、いつ倒壊してもおかしくないのだ。つまり、この状態でほっとおいても、次の大地震や津波など(台風ですら)で、同じく、燃料棒が落下すれば、同じく大量の放射線を放出する運命にあるのだ。


つまり、この作業は「退くに退けない」避けることのできない作業なのだ。


「アンダーコントロール」。そんなことがいえる状況ではないことがお分かりか?本当にいまは、神に祈るしか、道は残されていない。









0 件のコメント:

コメントを投稿