2013年10月23日水曜日

日本人はだまされている!「IAEA」(国際原子力機関)は原発推進組織だ!

あまりにも、腹がたったのであらてめて、取り上げてみたいテーマがある。


何が私の癇に障ったかといえば、「IAEA」(国際原子力機関)のことだ。今月FUKU1に伴う除染作業の進捗状況確認ために来日していたメンバーたちの発言があまりに、耳に障るからだ。


ニュースの見出しのみならべてみよう。


1ミリシーベルトにこだわる必要なし 除染目標でIAEA団長


本県の食材安全性評価 IAEA団長 コメや水産物「高いレベルで確認」


福島の除染目標達成「必ずしも必要ない」 IAEA


IAEAが除染活動の問題指摘 被ばく線量の条件緩和も


IAEA調査団長「1ミリシーベルトにこだわらず」




・・・・・まるで、日本政府のご意向に応じるような、発言ばかりなのがご理解できると思う。


ひとつひとつの内容についての点検は、各自にお任せするにして、このコラムでは、もう一度、IAEAなる国際組織がいかに、日本人に誤って認識されているか、今日はその「洗脳」を解いてみたい。


多くの日本人は誤解しているようだが・・・IAEAがなにか、原発の放射線漏れから市民を守る、「正義味方」のような組織に思われているが、けしてそのようなものではない。


そもそもの推進組織としての始まりは、その誕生にある。



IAEA(国際原子力機関)の発足は1957年。 アイゼンハワー大統領の"Atoms for Peace"(平和のための原子力)提案にもとづき、原発を普及することと、核物質が軍事目的に転用されるのを未然に防ぐ2つの目的のもと設けられた機関だ。


さらにその憲章をみれば、その意義が容易に理解できる。


IAEAの任務は、(1)原子力の研究、開発、実用化の促進のための情報交換と協力、とくに途上国への物資・役務の提供 (2)核物質の軍事転用阻止のための「保障措置」の適用 (3)健康の保護、人命に対する危険の最小化のための安全基準の設定と採用である。


言い換えれば、原発推進、放射線利用の促進、核拡散阻止のために査察の3分野だ。


核保有国が推進する組織として象徴する、おもしろい逸話がある。


IAEAは2005年のノーベル平和賞を受賞したが、実はそのとき、平和賞の本命は「日本被爆者団体協議会」(日本被団協)だった。





日本被団協は当時、ノーベル賞の国際平和ビューローの推薦を受けていて、最有力候補といわれていたが、IAEAがそれを押しのけて受賞したことはあまり知られていない。


日本被団協はアメリカの原爆投下や核保有国の核実験を容認しない団体だったので、アメリカにとっては煙たい存在だった。


そのため、原発推進を進める核保有国の政治的意図が働き、日本被団協は平和賞を受賞できなかったのだ。


さらに原発推進組織を示す証拠が、FUKU1事故後にも現れる。


事故から1年が経とうとしていた2012年1月。当時、日本政府は、国内の原発の再稼動に向けて、大きく舵を切ろうとしていた時期で、その条件に出されたのが、「ストレステスト」(耐性評価)だった。






なんども、マスメディアでも取り上げられたので、聞き覚えの方も多いと思うが、この「ストレステスト」の審査を通ることが、原発再稼動への鍵となるステップだった。


その際も、IAEAの調査団が来日し大きな役割を果たした。


驚くことに、10人だけの調査団は、滞在期間、1週間という短さの中、日本のストレステストについて「IAEAの安全基準にも、国際的な安全基準にも準拠していると確認した」と発表し、国際的にも「安心」のイメージを植えつけていった。


そして、彼らは今回はいったい、何をしにきたのか?




実は「除染目標値については、必ずしも年間1ミリシーベルトでなくてもいい」などというトンでもないことを言い出しているのだ。


誤解を恐れずにいえば、福島県や政府が、年間5~20ミリシーベルトという高線量の地域への帰村・定住を促すことを、後押ししたいのだ。


住民の被曝などまったく、考えてはいない。


彼らに大切なのは、人命よりも、一日も早い、原発の再稼動と、原発のさらなる世界的普及だ。それには福島の被曝地の存在が「邪魔」な存在となる。


これは旧ソ連のチェルノブイリ事故のときと同じだ。


あのときも、国連機関であるIAEAとWHOによる共謀?で、原発事故による健康被害をゼロと称する「安全神話」をつくりあげた。


IAEAなる国際機関がいかがなものか、ご理解いただけただろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿