2013年7月22日月曜日

参院選、与党圧勝。「逆境」は飛躍への一歩

ご存知の通り、今回の参院選はマスコミの予想通り、自民党の圧勝となった。


「どうしてこんな結果になったのか?」などとまどろこしい解説は、お暇な専門家に任せておいて、脱原発や反憲法改正を掲げてきた人たちに、少し、メッセージを送りたい。


もうすでに、多く語れていることだが、今回の選挙は、多くの国民が、与党にもろ手を挙げて、投票した結果ではない。


投票率が戦後3番目の低さ(52・61%)からもうかがえるように、多くの人は棄権したうえでの結果だ。


しかしながら、どう足掻こうが、現実としては次の総選挙まで、与党の現態勢が続くことはまちがいない。


では、今回その声が押しつぶされた人たちはどうなるのか?


苦渋に耐え、次の飛躍への一歩とすべきだと私は考える。


何を「能天気」なことを・・・、お怒りの声もあろうかとは思うが、私は真剣に考えている。


日本は本当の民主主義を根付かせるためには、やはり、「苦しみ」というエッセンスが必要なようだ。


歴史をみればわかるが、今私たちが享受している平和や、自由は、よくも悪くも、先の大戦で敗北し、アメリカから与えられたものだ。


けして自らの手で勝ち取ったものではない。


次の選挙まで、後何年続くかはわからないが、現政権は、これまで公言してきたように、原発の再稼動、憲法改正、TPPへの参加、消費税のアップ・・・と次々と、安定政権をバックに、打ち出してくるだろう。


それによって、日本が幸福の方向へ舵をきることができれば、それはそれでよいわけであるが・・・、おそらく、そうはならないだろう。


私はこれまでにも、ここで書いてきたように、これらの施策を行うことで、さらに、国の運営は難しくなっていくと考えている。


強いものはより強く、弱者は軽視され、支配力を高め、多くの国民に義務を課する、アメリカ追従型の国となっていくだろう。


そんな私たちをあざ笑うかのように、神はこの国にまた大地震を起こし、国難を与えることになるだろう。


<3・11>で私たちは学んだはずだ。もう従来の考え方ややり方では、未来は切り開けない。


右肩上がりの経済成長をもう求めることはできない・・・膨大な電力を原子力でもう補うことはできない・・・


考え方の根本的、転換を求められている。否が応でも、近い未来にこのことを思いしらされることになる。


<魯迅の言葉> ‏

「窓を開けてくれと主人にいえんのか?」(「賢人と愚者と奴隷」『野草』)

1 件のコメント:

  1. 貴殿の投稿に賛同致します。   北藤勇
    http://manadohotspringresort.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html

    返信削除