2013年6月6日木曜日

火山の噴火相次ぐ、要警戒!

世界の火山情報を取材していおきながら、うっかりしていたが、日本の火山の活動も活発化していることにふれていなかった。


(時事通信)

薩摩硫黄島で火口周辺規制=小噴火で警戒レベル2に-気象庁



 気象庁は4日、鹿児島県三島村の薩摩硫黄島・硫黄岳で同日午前5時17分ごろに降灰が少量あり、噴火が確認されたと発表した。これに伴い、噴火警戒レベルを1の「平常」から2の「火口周辺規制」に引き上げた。
 同庁によると、火山性地震は少なく、地殻変動に変化はない。今後も火口から1キロ以内では噴石が飛ぶ程度の小規模噴火が発生する可能性があり、警戒が必要という。(2013/06/04-10:21)




これに先立つこと、(朝日新聞:5月18日)では・・・・

山肌赤く染める爆発的噴火 鹿児島・桜島、1日5回も





爆発的噴火で山肌が赤く染まる桜島=18日午前3時1分、鹿児島市黒神町、全日写連島田英雄さん撮影、15秒露光



 活発な噴火活動が続く桜島(鹿児島市)。18日未明から朝にかけて5回の爆発的噴火があり、昭和火口から噴石が噴き出し、山肌を赤く染めた。火山灰の粒子などの摩擦で「火山雷」も発生した。
 鹿児島地方気象台によると、5回目の午前8時7分の爆発が今年331回目。気象台は「今のところ大爆発の兆候は見られない」としている。爆発的噴火は昨年885回、2011年が観測開始から最多の996回だった。




続いて(毎日新聞5月30日)・・・



桜島:山体膨張 気象台が注意呼び掛け 

     昨年の「ドカ灰」時も同様現象 /鹿児島


毎日新聞 5月31日(金)16時23分配信


 鹿児島地方気象台は30日、桜島の山体が膨張する現象が続いているとして
注意を呼び掛けた。昨年7月、南岳の噴火によって鹿児島市内に
降った「ドカ灰」の直前にも同様の変化がみられたという。
 同気象台によると、27日ごろから山体が膨張する微弱な変化を傾斜計と
伸縮計が観測している。昨年7月24日の南岳の爆発的噴火では、大量の降灰で
JRや路面電車が一時ストップするなど市民生活に影響した。
今回も同程度の噴火の可能性があるという。【土田暁彦】
5月31日朝刊

櫻島の5月18日の噴火は、ここ数十年で最大規模のもの。
5月30日にも大きな噴火。気象台によると、桜島で山体膨張を観測したとのことで、
さらに規模の大きな噴の可能性が高い。


  • デジタル大辞泉の解説

  • さんたい‐ぼうちょう 〔‐バウチヤウ〕 【山体膨張】
     
    マグマの上昇や蓄積によって、山体が膨張すること。GPSなどで精密な測量を行い、
  • 山体の膨張や収縮を継続して観測することで、噴火予知に役立つ情報が得られる。


6月4日のこのブログ
すでに指摘しているとおり、フィリピン海プレートの影響を受けた
日本列島上の火山の噴火が懸念されているが、すでに現実化しているようだ。


大噴火や大地震への導火線とならないことを祈るのみだ。

3 件のコメント:

  1. ツイッターからきました。
    阪神大震災を体験しているので、また・・という感じです。

    ほんとうに心配です。

    返信削除
    返信
    1. 気を許してはいけません。ほんとに明日にも地震は来ますから。用心、用心jojo

      削除
  2. 活発な情報提供活動に敬服いたします。
    ただ、差し出がましいようですが、そちらのツイッターのロボットのつぶやき回数が多すぎると感じます。5分に1回というのは他にはちょっと見ません。
    私は千人以上フォローしているのでまだ良いのですが、このブログの本来情報提供すべき、情報のあまり入って来ない層、つまりフォロワー数の多くない人だとjojoさんのツイートでタイムラインが完全に埋まってしまいます。すると邪魔に感じたユーザーはjojoさんのロボットのフォローを解除しようとするでしょう。それでは残念です。つぶやきの頻度をもっと減らされたほうがいいかと思います。
    また、「ブログ公開中どえーす」のようなコメントが毎回頭につくのも、見る人によってはいらつかせてしまうのではないかと感じます。ことさらにブログを強調する必要は特にないのではないかと……。
    突然で恐縮ですが、いつも感じていた点を書かせていただきました。ご一考いただければ幸いです。

    返信削除