2013年6月5日水曜日

福島の甲状腺がん「確定」12人は何を示すか?

福島の甲状腺がんのニュースが入ってきた。まずは以下の共同通信の記事を読んでほしい。

甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人


東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が5日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した人は前回2月から9人増え12人に、「がんの疑い」は15人になったとの結果が報告された。

甲状腺検査は、震災当時18歳以下の約36万人が対象。これまで1次検査の結果が確定した約17万4千人の内訳を、調査主体の福島県立医大が説明した。

前回2月の検討委では、がん確定は3人、疑いは7人だった。

検討委の星北斗座長は、記者会見で「現時点では放射線の影響を明らかに示すものではないと理解している」と述べた。


これまでも、このブログでも何度か、福島の特に子供たちの甲状腺がんについて、取り上げてきたが、はたして、上記の記事は何を示すのか?


常に比較対象がなるのが、チェルノブイリ事故だ。

チェルノブイリは、子供の甲状腺がんは、4年から5年後で、1万人で1人見つかったとされている。


計算すれば、「疑い」も含めると、今回は2年後で、1万人に1.7人見つかったことになる。


通常、子供の甲状腺がんは、100万人で1人ほどの罹患率であるので、今回、発見された数は、その約160倍にもなる。


単純に比較すると、福島はチェルノブイリ以上の汚染状態である可能性を示していることになる。


これらの結果を受けて、思い出すのは、福島のために来日したロシアのアレクセイ・V・ヤブロコフ博士の報告だ。





ヤブロコフ博士は、ロシア科学アカデミー評議員でもあり、欧州放射線リスク委員会(ECRR)協議委員会委員。チェルノブイリ事故当時、ゴルバチョフ書記長のアドバイザーを務め、被曝者のその後について25年以上追跡調査。同事故による死者数は1986年から2004年の間で少なくとも98万5000人に達するとの推計を発表。福島事故後、被曝による健康への影響の過小評価を警告している生物学者だ。


ヤブロコフ博士は、5月に行われた講演の中で、こうした状況になることをすでに「予言」していたのだ。




染色体異常や、乳児の死亡など、事故後すぐの2011年中に発生する例とは別に、甲状腺がんについては、タイムラグをもうけ、2015年ごろから多発することを指摘していた。
 

まさに、今回の共同の記事はこうしたことを裏付ける結果となっている。



さらに博士は、今後のことについて、大事なことを警告している。


現在、政府がさかんに、PRを行っている平均線量ではなく、大事なのは、各個人が被曝した放射線負荷量にあるということだ。





それを調べるには、ホール・ボディ・カウンターによる測定が必要だと訴える。


博士は講演の締めとして、つらい言葉を残す。





フクシマは、未処理になっている原子炉だけではなく、人体についても、けして収束している状態ではないことを、日本人みんなが真剣に考えなければならない時期にきている。



0 件のコメント:

コメントを投稿