2013年6月3日月曜日

日本の外交官、前代未聞の「シャラップ」発言

日本の官僚を象徴するようなニュースが海外から入ってきた。


先(5)月21日、22日の2日間にわたり、ジュネーブで開かれた国連拷問禁止委員会でのことだ。


会議では、対日本政府報告書審査が行われていたのだが、 その会議の最終日の終了間近に、アフリカのモーリシャスのDOMAH委員(元判事)が、「(日本の刑事司法は)『中世』さながらだ」と次のようにコメントしたという。


「弁護人に取調べの立会いがいない。そのような制度だと真実でないことを真実にして、公的記録に残るのではないか。誤った自白などが行われるのではないか。自白に頼りすぎる取り調べは中世の名残である。日本の刑事手続を国際水準に合わせる必要がある」


これに対して、日本政府を代表して出席していた上田秀明・人権人道大使が秀逸?の答弁をしたのだ!


「先ほど、『中世だ』という発言があったが、日本は世界一の人権先進国だ」


さすがにそれは言い過ぎかと思ったのか、上田大使はあわてて、「人権先進国の一つだ」と言い直したが、 会場から苦笑の声が漏れた。


そのとき、上田大使は、なんと、「笑うな。シャラップ!」と叫んだというのだ。


この声に、会場全体が凍りつき、シーンと静まったという。


議長が慌てて、「時間がないところで、(いらいらさせて)申し訳ありません。」などと取り繕い、その場を収拾したというが、これはすごいニュースだ。


もちろん、「中世」だと、発言した委員も、いささかいらだってはいたのは、事実だ。


なぜなら、その前段階で各委員からは、取調べに弁護人の立会がないのはなぜか、と質問され、日本政府側が、取調べの妨げになるからなどと答えたり、取調べ時間が制限されていないという指摘にも、誠意をもった回答をしなかったり、日本政府側がまことに不誠実な官僚答弁に終始していたからだ。


そこで出たのが「中世」発言だった。


逆からみれば、日本政府側も、なんども同様の執拗な質問が繰り返され、いらだっていたはずだ。そこで、失笑が会場から聞かれた。


一挙に感情が爆発しての「シャラップ」となったわけだ。


この発言を聞けば、だれもが連想するのは、戦前、日本が国際連盟を脱退したときのことだ。

(wikipediaより)
1933年2月24日、国際連盟特別総会においてリットン報告について審議され、最終的な同意確認において、賛成42票、反対1票(日本)、棄権1票(シャム=現タイ)、投票不参加1国(チリ)であり、国際連盟規約15条4項[6]および6項[7]についての条件が成立した。この表決および同意確認直後、席上で松岡洋右日本全権は「もはや日本政府は連盟と協力する努力の限界に達した」と表明し、その場を退席した。






このことが日本のマスコミでは一切、報道されないことに、薄気味悪さを感じるは私だけだろうか?




ちなみにこの、上田大使。べつの意味でも有名な外交官(官僚)である。


2001年のAPEC水増し問題などで揺れた一連の外務官僚騒動のときの一員だ。


これは日本の官僚(外交官)のレベルの低さを象徴する大ニュースだといえる。


橋下市長の慰安婦発言で国際的に「人権問題」が注目されている折だけに、日本の行方が心配される。

0 件のコメント:

コメントを投稿